header2

 こんにちは!Hamu's Sidewalk Cafeのマスター・はむ!です。
 この第2ブログでは、ばんえい競馬を中心に地方競馬などスポーツ一般中心について語ります。

2018年8月11日土曜日

【はむ!のばんえい競馬watch2018】重賞予想・第30回ばんえいグランプリ(8/12)

金字塔
  先日、地方競馬のみならず日本の競馬の金字塔として、大井競馬場を中心として活躍する的場文男騎手が(2018年8月11日現在で)日本記録タイに並ぶ通算7,151勝をマークしました。新記録まであと1勝ですがこれもまもなくでしょう。昭和48年にデビューして以来多数の大けがを乗り越え40年以上コツコツ積み重ねた勝ち星、全く頭の上がらない思いです。しかもこの9月には62歳となるにも関わらず馬の上で飛び跳ねるような元気いっぱいの騎乗で、勝っても負けてもファンを魅了します。中央でも地方でも名騎手というのはいるものですが、最高のレジェンドといえばやはり的場騎手を置いてほかないでしょう。こんなベテランでもまだ宿題(37回挑戦して2着10回ながら未だ勝てていない東京ダービー制覇)が残っているようで、まだまだ区切りをつける気配はないようです。今後も地方競馬ファンとして応援していきたいものです。なお、2018年8月現在現役最年長騎手は川崎の森下博騎手(63歳)、ちなみにばんえい騎手の最年長は当欄でも時折話題にしている山本正彦騎手(61歳)です。いずれも騎乗回数は少ないもののしばしば活躍され馬券の友になっています。
  さて、ばんえいは夏シーズン唯一のBG1、ファン投票によるばんえいグランプリです。(いつものナイター重賞より5分早いので注意)

はむ!の今週のばんえい重賞予想
【出馬表及びはむ!の予想印】
第30回ばんえいグランプリ(BG1)
(2018年8月12日(日)20:05発走 帯広10R ダ200m 3歳以上選抜別定)
はむ
予想

  馬     名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 備 考
オレノココロ 牡8 810 鈴木恵 槻舘重 青毛 差 1位
キサラキク 牝7 790 阿部武 金田勇 芦毛 差 8位
  トレジャーハンター 牡11 810 長澤幸 金田勇 鹿毛 逃 11位
  カンシャノココロ 牡7 800 松田道 坂本東 鹿毛 先 3位
コウシュハウンカイ 牡8 810 藤本匠 松井浩 栗毛 先 5位
センゴクエース 牡6 810 工藤篤 槻舘重 鹿毛 差 2位
  ソウクンボーイ 牡8 810 村上章 西邑春 鹿毛 追 6位
  シンザンボーイ 牡7 800 西謙一 坂本東 栗毛 追 4位
フジダイビクトリー 牡10 810 西将太 中島敏 栗毛 逃 7位
 ※脚質ははむ!の主観。出走馬等の正確なデータは主催者のものを参照ください。

「ばんえいグランプリ」の概要と傾向
  ファン投票選抜により出走馬を決定する重賞で平成元年に創設、丁度30年目の年になる。(出走馬をファン投票により選抜する競馬のレースはJRAの有馬記念、宝塚記念、地方競馬ではホッカイドウ競馬の道営記念、岩手競馬の桐花賞、兵庫の園田金盃、佐賀の中島記念などがある)ファン投票なのでいつもの賞金上位以外からも選ばれる可能性はないわけではないが、結局は賞金上位が並ぶためいつもの古馬重賞メンバーということになることが多い。(過去には実績のあったライデンロックや毛色の美しいアオノレクサスなどがランク下位から選ばれたことがあるが成績は今一つ、今年もB1クラスで鹿駁毛のブチオがファン投票13位だったが出走に届かず。)
  ハンデ差も少ないレースなので実績上位馬が実力どおりに走るだろうというのが常識だが、そこは競馬。1番人気は(2,3,0,5)とやや怪しい。過去には重賞21勝の名馬カネサブラックはこのレースに5回出走して優勝がない(2着3回)など、時期的なものもあってか簡単には決まらないのがこのレース。但し、過去6年3着以内が全て5番人気以内に収まっており、大きく荒れることは少ない。(但し、2011年のニシキダイジンは7歳まで重賞は1勝のみでこのレースは8番人気であったが勝利。これきっかけに力を付けていった典型的な晩成型の馬であった。)
  ファン投票1位の馬は(1,1,1,6)と過去10年で勝ったのはフクイズミのみとこれも不思議なデータだ。牝馬は出走自体少ないが勝ち馬にアンローズ、フクイズミなどがおり力がある馬なら勝負になる。騎手では藤野騎手が5勝などベテラン騎手がまんべんなく勝っているが(今年は騎乗予定なし)、重賞通算50勝を挙げ昨年騎手を引退した大河原現調教師が現役時代このレースには勝てなかった。

今回のみどころ
  今や古馬戦線はオレノココロとコウシュハウンカイの8歳馬2頭が2強時代を作っているイメージではあるが、オレノココロがファン投票1位は勝てないというジンクスを破り2年ぶりのグランプリ制覇なるか。それともファン投票5位に甘んじたコウシュハウンカイが真の実力を見せつけるか。あるいはセンゴクエースら新興勢力の台頭はあるのか。はたまたこのレース2度優勝のフジダイビクトリーがもう一花咲かせるか。興味はつきない。出走権のあったマルミゴウカイはこのレースを回避し9頭立てとなった。

各馬寸評:(はむ!の個人的見解です。)
 1 オレノココロ:ファン投票は昨年に引き続き堂々の1位。グランプリは4度目の出走で一昨年は優勝しているが、昨年は3着に終わりその屈辱を晴らすことはできるか。夏になると体重を減らすなどこの馬にとっては季節的に苦手な時期のように思われる。しかしやはり実力上位。障害も切れている。ある程度時計がかかる展開なら一昨年のように十分差し切り可能。
 2 キサラキク:重賞戦線ではほとんど紅一点で頑張っている。7歳牝馬となり、毛色からなお一層かつてのフクイズミを彷彿とさせる。しかしまだ重量が厳しいのと、障害での苦戦が続いており結果は出せていない。ただ障害を越えさえすれば降りてからの脚は持っており見せ場を作ることもあり得る。前走の特別戦で久々に勝ち味を覚え一変に期待。軽馬場ならなお良い。
 3 トレジャーハンター:グランプリは4年ぶり3度目の出走。11歳馬になりさすがに勢いには陰りが見られるが、それでも上位をキープできるのは、この馬の粘り強さか。必ず先頭集団につけ見せ場までは作れる。あとはどこまで息が続くかだが、軽馬場にでもなれば粘りが生きて他の馬が追いつけきれない時もある。チャレンジャー精神で思い切ったレースを期待。
 4 カンシャノココロ:今年に入って古馬重賞戦線にしばしば参戦。着順上の結果は出ていないが、経験を積んで徐々に力を付けている印象。先行力、障害力ともある上、粘り強い走りはむしろ重賞向きであろう。今回はファン投票にも押し上げられて堂々の出走。ただここにきて体重が減り続けているのが懸念。前回も取消しており体調面がどうか。当日の馬体重に留意。
 5 コウシュハウンカイ:派手さがないためかファン投票は5位に甘んじたが、それでもばんえいを代表すると言っても過言ではない実力馬。とにかく堅実そのもの、更に今年は凄みも出てきた。これまで唯一の弱点だった詰めの甘さも見られず、むしろ先に他馬を生かせてもじっくり差し返すようなまさに横綱相撲を見せている。4度目の挑戦でグランプリ初制覇なるか。
 6 センゴクエース:古馬重賞もすっかり常連になってきた。人気も上昇で、ファン投票2位と期待も大きい。スピードも力も申し分ないが、ここにきて障害で手間取る場面も見られ、そこが勝ちきれない原因になっている。障害を意識すると前半の行きっぷりにも影響してくる。しかしトップクラスの馬の中で大敗はしていないので、流れをつかめれば抜け出しの場面も。
 7 ソウクンボーイ:素軽い走りと直線でのスピードがこの馬の持ち味であったが、今年出走したばんえい記念の好走あたりから高重量への適応力と新たな面が見え始めにわかに注目されてきている。ファン投票も6位。強い8歳世代の一頭として存在感を示せるか。ただ障害の苦手意識が見え隠れしており、ここをどのように克服していくか。軽馬場になれば大駆けも。
 8 シンザンボーイ:グランプリは昨年に引き続き2回目。今年はファンに推されての出走となり期待がかかる。重賞は未勝利で格的には見劣り感は否めないものの、オープン勝ちの実績もあり決して足りない馬ではない。切れ味で勝負するタイプながらある程度障害もこなせるので序盤から積極的に攻めて行っても面白いのではないか。馬体重の変動が大きく懸念材料。
 9 フジダイビクトリー:グランプリは5度目の出走。このレース連覇の経験もある実績馬。10歳になってもまだまだ元気だ。高重量が得意のように思われているが軽めの馬場もこなせる。障害も力で持って行くタイプでまず崩れることはない。切れ味にはやや欠けるが一旦失速しても差し返す力もある。他馬が苦しむような場面があればスルスルと抜け出してくることも。

【はむ!の見解まとめ】
  夏シーズン唯一のBG1、ソリにファンの夢を乗せてどの馬が先頭でゴールを駆け抜けるか。本州ほどではないとはいえ暑い夏をどのように乗り越えていけているかもカギ。夏バテしている馬がいればたとえ実力はあっても力が出せないのは過去の例をみても明らかだ。その後の秋シーズンに向けての古馬戦線などもにらみつつ、どこまで各馬が持てる力を発揮出来るかを見極めたい。なお、当地は金曜日の夜にまとまった雨が降っており馬場状態もポイントになりそう。
  しかしやはり上位馬の有利は動かないだろう。その中でも◎(5)コウシュハウンカイの最近の充実ぶりは圧巻だ。障害も安定しているし粘りも増している。今ならどのような展開になってもまず崩れることは考えにくい。あとはこれに迫る馬がいるかどうかだが、現状では厳しそう。唯一負かすことのできる馬がいるとすれば、やはり実績no.1でファン投票1位の○(1)オレノココロくらいか。夏は馬体重も減って決して得意な季節ではないようだが、それでも2年前は同じような状況でもしっかりした末脚で差し切り勝ち。伊達に重賞18勝もしている馬ではない。実力は上位。今年も2番手というより逆転候補と考えて良い。最内枠も今年の旭川記念で勝っており全く問題ない。実績馬▲(9)フジダイビクトリーは大きな舞台でこそ活躍する。先行力がありしぶとい粘り腰は侮れない。意外にも雨の降った軽馬場の方が最後まで走れそう。ファン投票2位の△(6)センゴクエースは力はありながら、少し後手に回ったり、障害などで手間取ったりする部分があるのがまだ若いところか。勢いがつけば最も怖い存在だが。他には、きっかけをつかみかけた注(2)キサラキク、鋭い末脚を持つ(7)ソウクンボーイらが展開次第では見せ場までありそう。しかし馬券圏内まではどうか。

はむ!の馬券狙いどころ:
  今年は(今年も)馬券的にはかなり出足が良くなく、マイナス街道まっしぐら。今回もまともに買えば安そうな配当が多い。ただ当たることも味わいたいので、取り返しに行くよりいつものペースでやっていこうと思う。
  今回は、3連単は頭はコウシュハとオレノココロに絞って、フジダイ、センゴクを少し絡める。あとはコウシュハからの枠複で。ワイドはフジダイとセンゴク、そしてキサラキクは応援馬券。
【はむ!の買い目】(=は裏表、→は一方のみ)
  三連単 5,1→5,1,9,6→5,1,9,6 合計12通り 各200円
      5→1,9,6→1,9,6,2,7 合計12通り 各100円
  枠複 5=1,8,6 合計3通り 各300円 合計4,500円
(はむ!の単・複・ワイドで勝負!)
  単勝 5 600円
  応援馬券(単+複)2 各200円
  ワイド 9=5,1,6 6=5,1 合計5点 各100円
  合計 1,500円で勝負! 

  今回の結果と回顧は、レース終了後数日以内に報告します。

2018年8月1日水曜日

【はむ!のばんえい競馬watch2018】回顧・第43回ばんえい大賞典(7/29)

ばんえい重賞レース回顧
第43回ばんえい大賞典(BG3)-2018年7月29日-10R 200m直 曇 0.9%
  1着注(4)アアモンドグンシン(阿部武) 2分03秒2
  2着○(3)オレワチャンピオン
  3着 (7)コウシュハレガシー
   単勝 4 150円(1番人気) 馬複 3-4 370円 三連単 4-3-7 4,320円
 ※その他の払戻金を含み、結果は必ず主催者又は地方競馬情報サイト(KEIBA.GO.JP)を参照ください。
  (○▲△等の印は、はむ!の当初予想印)

  ばんえい3歳重賞三冠の第一弾、第43回ばんえい大賞典は、1番人気となった上がり馬アアモンドグンシンが障害を先頭で越え、止まりながらも最後まで粘りきって優勝。重賞初制覇となった。平場戦を含めれば7連勝。阿部武臣騎手は今年1月のヒロインズカップ以来の重賞制覇で通算16勝目。
レース振り返り
  前日に日本列島に上陸した台風12号の遠い影響で、帯広にも朝に雨が降ったものの、雨量は多くなく、それまでに晴天が続いていたこともあって馬場は0.9%と乾燥していた。さらに前週にソリのズリ金交換が行われ摩擦係数が高く、時計のかかるレースが続いていた。
  レースはスタートからほぼ揃って第1障害越えまで進み、第1障害を越えたあたりからアアモンドグンシンとキンツルモリウチが前に出て行った。特にキンツルモリウチが果敢に攻めて、刻みながらも2,3馬身離して先頭をキープ、続いてアアモンドグンシン、そしてコウシュハレガシー、オレワチャンピオンが付いていく。キンツルモリウチが第2障害手前に到着したのが52秒と馬場状況にしてはかなり速い展開となった。そしてキンツルモリウチは3,4頭が第2障害に到達した時点で早くも障害を仕掛けた。力一杯引っ張ったものの坂の7分目あたりでストップ。それを見るようにしてアアモンドグンシンが力強く坂をひと腰で越え先頭へ、キンツルモリウチが立て直して2番手で障害を越えこれを追うが勢いがない。後続もコウシュハレガシーらが障害にチャレンジするがいずれも苦戦。その中ではオレワチャンピオンが障害を十分溜めてひと腰で越えて3番手、続いてジェイコマンダー、コウシュハレガシー、ハマノダイマオーと一頭ずつ降りて行く。その間に先頭のアアモンドグンシンはぐんぐん他を引き離して残り20m地点あたりで6,7馬身差の大きなリード、しかし残り10mあたりで厳しくなり一旦立ち止まる。その間に各馬をかわして2番手に踊り出ていたオレワチャンピオンが一歩一歩踏みしめながら前に迫るが、これも脚色が厳しい。立て直したアアモンドグンシンが再度進み、最後は一杯になりながらも渾身の力でゴールを駆け抜けた。最後で転倒したがゴール線を越えた後で大事には至らなかった。2着争いは追ってきたオレワチャンピオンがゴール手前でもう一度止まったところを外から追ってきたコウシュハレガシーが並びかけるがわずかの差でオレワチャンピオンが2着、コウシュハレガシーが3着、当欄で本命とし、2番人気まで推されていたハマノダイマオーは最後追いかけたが届かず4着に終わった。
次走へのメモ
アアモンドグンシン(1着):負担重量、馬場など条件は厳しかったが、連勝の勢いは止まらなかった。前に行くことは想像されたが、さらにキンツルモリウチが先に行った時にも落ち着いて2番手追走。そして障害を軽々と越えて先頭に立ちセーフティリードまで引き離した。最後は厳しくなったもののそれでも他馬より余裕があった。これでライバルより一歩抜け出た形にはなったが、さらに荷物が重くなってどうか。さらなる成長に期待したい。次の大きな目標は秋のばんえい菊花賞ということになるが、それまでをどのように過ごすか。クラスが上昇しハンデ加算とさらに試練が待っている。はまなす賞の出走権もあるが出走は微妙か。
オレワチャンピオン(2着):本来は先行したいところだったが、展開が速く、序盤は付いていくのがやっとであった。それでも実力馬、障害を楽に越えてからは力強い走りで前に迫った。追いかける展開となったのでこの馬らしい粘りの走りとはいかなかったが、障害力などで存在感は示せたのではないか。荷物が重くなるのは歓迎。秋のクラシック戦線には当然上位争いの期待がかかる。
コウシュハレガシー(3着):やはり大きなレースでこの馬は侮れない存在。兄と同様に重い馬場にも適応力があるのだろう。無理なく3~4番手あたりの好位置につけ、切れ味を見せて最後は2着にわずかのところまで迫るなど見せ場を作った。障害でもうひと足出なかったのが悔やまれるが、当初人気からすれば上出来。次ははまなす賞あたりが面白そうだが出走権が微妙。
ハマノダイマオー(4着):当欄で期待したが、やはり予想より速い展開になり、直ちに対応できなかったことが敗因か。障害力もあるはずだったが前にドッと行かれたこともありもう一歩が出なかった。この馬の不器用さが出てしまったか。直線の確かな走りを見ればやや力を持て余した感も。さらに経験を積み重ねたいところ。
キンツルモリウチ(5着):人気薄であったが、果敢な逃げを打ってペースを作り、他馬の力を封じる作戦で、最後は厳しくなりながらも粘りで掲示板内に残った。こういうタイプの馬はこれしかないという走りで対応し見せ場十分。軽馬場になればさらに持ち味を発揮できるのではないか。
  その他では、ミノルシンザン(6着)は終始自分のペースを守り、最後までしっかり走り切った結果の順位であった。善戦。ジェイコマンダー(7着)は前方で障害をさばくなど悪くはなかったが、馬体重マイナス36kgは減りすぎ、スタミナ面での課題を残した。当欄で単穴に推していたキタノユウジロウ(9着)は、前半から行き脚が良くなく、本来の切れ味が出せず見せ場を作れなかった。体調面でどうなのか。巻き返しを期待。

はむ!の予想(馬券)結果
  (通常分)今回 -4,000   (配当)0 (投入)4,000
  (単複・ワイド)今回 -260    (配当)940 (投入)1,200
  今年度累計 -16,300 (7/29現在)
    通常  -13,410 (配当 7,590 - 投入 21,000)
   単・ワ  -2,890 (配当 5,010 - 投入 7,900)
  ここに反省の弁しか書けないことが情けないのだが、今回も完敗。勝ったグンシンを軽視したこともそうだし、本命ハマノダイマオーが馬券圏内に届かずダメダメ。馬券以前に予想自体がまるでダメだった。またまたワイドで火消しという情けない状況。ま、今回は難しかったということで。しかしたまにはスカッと気分良く当てたいものだ。

今回の結果を含む今年度の成績は次のリンク先のとおりです。
   ・はむ!のばんえい競馬ファイル(2018データ・馬券成績表)

  次回重賞は2週間後の8月12日、夏の大一番・ファン投票などの選抜によるばんえいグランプリBG1です。予想はいつもどおり前日までには書きたいと思います。

2018年7月28日土曜日

【はむ!のばんえい競馬watch2018】重賞予想・第43回ばんえい大賞典(7/29)

異常気象2
  前回に引き続き異常気象の話題からしなければなりません。西日本豪雨の傷跡も癒えない中、今度は東日本や西日本を中心に猛暑、観測史上最高気温を更新するなど異常な気象が続いています。この傾向は世界的なものだそうで、世界各地で熱波による被害などが出ているようです。また北極圏の氷も溶け出しているとか。いよいよ地球規模での温暖化は進んでいるのでしょうか。一方、これを書いている間にも台風12号が日本列島を狙っています。これ以上被害のないことを祈りたいものです。
  話は変わって、日本でもモータリゼーション時代の少し前までは、馬が、田畑を耕したり、車を引っ張ったり、あるいは人を運んだりと馬が人間の生活の力になっていました。ことさらばん馬は北海道で荒れた土地を耕し畑にするなど開拓の一翼を担っていました。今やそれらは便利で強力な機械がやってくれていますが、それらは少なからず資源を消費し温暖化ガスをまき散らしています。そのうち限界がくるでしょう。その時もう一度彼ら(馬)の出番が来るかもしれません。というわけで、そういう思いを片隅に競馬を楽しんでいきたいものです。(強引に競馬に持って行く)

はむ!の今週のばんえい重賞予想
【出馬表及びはむ!の予想印】
第43回ばんえい大賞典(BG3)
(2018年7月29日(日)20:10発走 帯広10R ダ200m 3歳オープン別定)
はむ
予想

  馬     名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 備 考
ジェイコマンダー 牡3 670 西将太 槻舘重 青毛 差
キタノユウジロウ 牡3 680 松田道 村上慎 栗毛 差
オレワチャンピオン 牡3 680 鈴木恵 中島敏 栗毛 逃
アアモンドグンシン セン3 670 阿部武 小林長 鹿毛 逃
  ミノルシンザン 牡3 670 藤野俊 大友人 鹿毛 先
  キンツルモリウチ 牡3 670 西謙一 西康幸 芦毛 先
  コウシュハレガシー 牡3 670 菊池一 平田義 栗毛 差
ハマノダイマオー 牡3 670 藤本匠 松井浩 鹿毛 先
  フナノダイヤモンド 牡3 670 船山蔵 松井浩 栗毛 追
 ※脚質ははむ!の主観。出走馬等の正確なデータは主催者のものを参照ください。

「ばんえい大賞典」の概要と傾向
  競馬では一般的に馬の能力を推し量るのに3歳時が最も適当な時期と言われ、中央でも地方でもあるいは海外でもほとんどに3歳3冠レースいわゆるクラシックが組まれている。ばんえいの場合はまだまだ未熟な年齢である上に、他にも2歳時や4歳になってからでも別に3冠レースがあるため、若干要素は違うものの、やはり3歳時の活躍が後に実績になって残ることもあり、各馬しのぎを削っていく。
  過去10年の傾向を見ると1番人気は(1,1,1,7)、目下9連敗中と非常に厳しい。一方で2番人気は(4,0,3,3)と一応4勝している。下位人気も昨年のカネサスペシャルが8番人気で勝ったようにチャンスはある。3連単導入後の7年で6回が万馬券とかなりの波乱傾向。イレネー記念馬の優勝はゼロ。一方、前月に行われる前哨戦の特別戦とかちダービーの勝ち馬が4勝しており、実績より勢いか。もしかしてこのあたりが3歳世代の節目となっているのかもしれない。
今回のみどころ
  今年のこの世代はまさに大混戦模様。レースごとに勝ち馬が変わる。2歳時の実績馬に対して、最近著しく伸びてきた馬が入り交じる。実績面ではヤングチャンピオンシップを勝ったオレワチャンピオンが上位。(イレネー記念馬のカネサダイマオー、重賞2勝の牝馬ミスタカシマは出走していない。)これに対し、目下6連勝のアアモンドグンシンら上がり馬が絡みどのような展開になるのか。なお、先週からソリのズリ金の取り替えなどが行われたことにより非常に時計がかかっていることにも留意。

各馬寸評:(はむ!の個人的見解です。)
 1 ジェイコマンダー:2歳時はトップを行っていた時期もあったが、荷物が重くなるにつれ障害に課題が出た。しかしナナカマド賞3着、YC2着の実績。障害さえ切ってくれば持ち前のスピードと切れ味で前に接近することは十分可能。
 2 キタノユウジロウ:唯一出走した重賞イレネー記念では直線で一旦先頭に立つ見せ場を作っての2着。勢いがあったが、ここにきてやや置かれている傾向。切れ味のある脚と自在の立ち回りが持ち前で、荷物が重くなれば巻き返しも。
 3 オレワチャンピオン:2歳時は世代トップを走っていた。暮れのヤングCでは持ち前の先行力と粘りで重賞制覇。しかしイレネー記念ではリードを守り切れず、その後もスタミナ面で苦しんでいる。馬体が戻っていることがカギ。
 4 アアモンドグンシン:今シーズンに入って素質開花。前哨戦の世代特別戦を破竹の勢いで連勝、自己条件でも強い古馬勢と渡り合っている。元は障害が得意でなかったが、積極的に攻めて行くようになり、本領を発揮。荷物は未知数。
 5 ミノルシンザン:2歳時は馬自体が未完成で特別戦にも出走できなかったが、今シーズンに入り急成長。勝ち星を重ね、初の重賞出走にこぎつけた。先行力と障害力があり父親譲りの最後の粘りもある。重い荷物への対応は未知数。
 6 キンツルモリウチ:激しい出走権争いの末、回避馬もいたこともあり最後の切符を手にしてきた。YC4着、イレネー記念6着と重賞経験あり。先行力がモットーで障害も得意。しかし切れ味が今一つ、接戦に持ち込まれると甘い面も。
 7 コウシュハレガシー:1歳上のダービー馬メジロゴーリキの弟ということで対比されるが、こちらは華奢なタイプ。しかしレースセンスは良く自在に相手に合わせた走りができ切れ味もある。YC3着など重賞でも好走。障害もこなせる。
 8 ハマノダイマオー:デビュー当初から上位を争っていたが、イレネー記念で大敗するなど力を発揮できない時も多かった。しかしそれ以降は立て直し好走している。相手なりに走れて障害もまず良い方だが鋭さはなく勝ちきれない面がある。
 9 フナノダイヤモンド:最後の出走権争いを勝ち抜いてきた。デビュー当初は力不足でレースにならないほどだったが、徐々に力を付けてきた。スタートダッシュがこの馬の特徴。障害を降りてからの切れ味も鋭い。中間しっかり走れれば。

【はむ!の見解まとめ】
  クラシック第1弾と言いながら前述のように荒れる傾向のレース。特に1番人気の信頼度が低い。その1番人気にどの馬がなるか、今年は蓋を開けてみないとわからないものの、トライアルを連勝するなど勢いがあるアアモンドグンシンが人気しそうな気配。確かに特別戦3勝(うちトライアル2勝)を含む破竹の6連勝で、いずれも他馬を引き離す非常に強い勝ち方で勝利しており、馬体も成長して力を付けていることは間違いない。しかし、連勝は軽馬場によるものでハンデももらっている。先週からソリのズリ金交換でレース傾向がガラリと変わっており、時計のかかるレースでどこまでやれるのか、そして1番人気が不利というこのレースのジンクスにも留意したい。そこで当欄では、この馬をあえて危険な人気馬ととらえ、他にこのレースの条件に適していると思われる馬を探してみたい。そこで重賞2勝の牝馬ミスタカシマに注目していたが、主戦騎手が騎乗できないこともあってか回避、しかし他にも力のありそうな馬はいる。その中で◎(8)ハマノダイマオーは、目立たないがトライアルでハンデを課されながらいずれも2着、勝ち味に遅い部分はあったが、障害力と先行力で確実に上位争いに食い込んでくる。接戦にも強く、勝ちきれるかどうかはともかく軸としては十分柱になりうるのではないか。ということでこの馬を本命に持ってきた。対抗にはやはり出走メンバー中唯一の重賞勝ち馬○(3)オレワチャンピオン。今シーズンは未勝利だが戦ってきた相手やハンデが違う。地力があり、鈴木騎手のしっかりした手綱捌きで先行逃げ切りの場面も想像される。重馬場なら▲(2)キタノユウジロウが面白い。イレネー記念2着の実績馬。今シーズンはハンデ差が重く成績は上がっていないものの、末の切れ味は確かなものがある。10kgのハンデ差がポイントだが時計がかかれば浮上も。さらには、障害さえ切れれば鋭い追い込みの脚を持つ△(1)ジェイコマンダーもそろそろ大駆けのチャンス。有力馬を挙げていくと注(4)アアモンドグンシンも簡単にはいかないことが考えられ、印を軽くした。他には、兄メジロゴーリキのように大レースに強そうな(7)コウシュハレガシー、ダッシュが決まった時の(9)フナノダイヤモンドあたりが気になるところだが、どのあたりまで絞っていけるかもカギ。

はむ!の馬券狙いどころ:
  今年も既にマイナス街道に入りかけてはいるものの、まだまだシーズン序盤。ここで攻めていかなきゃ、無難にいってもハズレるときはハズレるし、当たっても取りガミというのが続く。ということで少なくとも予想では攻めているつもり、あとはいかにうまく馬券を買うかだ。
  今回は非常に難しいので枠複などを多めに。トライアルを含め連勝中のグンシンをどう見るかがポイント、当欄では少し疑っていきたい。

【はむ!の買い目】(=は裏表、→は一方のみ)
  三連単 8,3,2BOX 合計6通り 各100円
      8→3,2,1,4→3,2,1,4,7 合計16通り 各100円
  枠複 8,3,2,1BOX 合計6通り 各300円
  合計 4,000円
(はむ!の単・複・ワイドで勝負!)
  単勝 8 500円
  ワイド 1=8,3,2,7 7=8,2,2 合計7点 各100円
  合計 1,200円で勝負! 

  今回の結果と回顧は、レース終了後数日以内に報告したいと思います。

2018年7月16日月曜日

【はむ!のばんえい競馬watch2018】回顧・第26回北斗賞(7/15)

ばんえい重賞レース回顧
第26回北斗賞(BG3)-2018年7月15日-10R 200m直 曇 1.9%
  1着○(8)コウシュハウンカイ(藤本匠) 1分41秒9
  2着▲(5)マルミゴウカイ
  3着 (1)フジダイビクトリー
   単勝 8 210円(1番人気) 馬複 5-8 1,500円 三連単 8-5-1 15,050円
 ※その他の払戻金を含み、結果は必ず主催者又は地方競馬情報サイト(KEIBA.GO.JP)を参照ください。
  (○▲△等の印は、はむ!の当初予想印)

  ばんえい古馬重賞の一戦、第26回北斗賞は、1番人気のコウシュハウンカイが障害2,3番手から残り10mで逆転し差し切り勝ち。オッズパーク杯に続いて今季重賞2勝目、通算9勝目。藤本匠騎手はこのレースは10年ぶり2勝目、重賞は通算66勝目。

レース振り返り
  この日は朝から雨で、午後は小降りとなったものの、馬場としてはかなりの軽い馬場でこの日の2歳戦Aクラスでは1分10秒を切る速い時計が出ていた。
  レースは序盤から各馬勢いを付けダッシュ。有力馬はほぼ横一戦で進んだものの、第1障害時点で数頭はやや後方に置かれた形となった。第1障害を越えてからは軽馬場を生かしてキサラキクが果敢に先頭を行く。これをマルミゴウカイが追い、コウシュハウンカイ、フジダイビクトリーがついて行く展開。キサラキクは第1,2障害の8分目まで刻まずに行き、第2障害手前も先頭へ、ここまで46秒。これらについて行った3頭が続く。そして、後続の馬たちが到着するころにはキサラキクから第2障害に挑戦。天板近くまで上げたが9分どころでストップ。ほぼ同時に挑戦していたフジダイビクトリーと一呼吸置いて続いたマルミゴウカイとコウシュハウンカイが続いて障害に挑戦し、これらはひと腰でクリア、その中でマルミゴウカイが一瞬の切れ味で先頭へ、フジダイビクトリーとコウシュハウンカイが並んで追う。後方はキサラキクがなんとか障害を越え、その後にトレジャーハンターそしてオレノココロがやや躓きかけながら障害を越えていった。センゴクエースはさらにその後ろでふた腰かけで障害を越えた。その時点で先頭のマルミゴウカイは残り30m地点で1馬身半くらいのリード。しかしそこからじわじわとコウシュハウンカイが前に迫り、残り20mで半馬身差くらいまで詰め寄り、残り10mでかわし先頭へ、マルミゴウカイも粘るがコウシュハウンカイの勢いが勝り、そのままゴール。最後はソリ一つ分くらいのリード。マルミゴウカイが2着に入り、3着争いは、フジダイビクトリーが一旦前2頭から離されかけ、後方からは激しく追ってきたセンゴクエースやオレノココロが近づいてきたものの、最後までしっかり走って3着を守った。3番人気センゴクエースは4着、2番人気のオレノココロは5着と追いつけなかった。キサラキクが6着だった。

次走へのメモ
コウシュハウンカイ(1着):軽めの馬場は元々得意としていたところ。不安点は全くなかった。序盤は速いペースに惑わされずしっかり前に付き、障害は難なくクリア、最後の直線では勢いのあるマルミゴウカイに先に行かれるもじっくり追いついて最後に逆転と、正に横綱相撲であった。馬体重もマイナス9kgながら絞れており、体調も良かったようだ。次の目標はやはり夏のばんえいグランプリ。今の調子を維持できれば勝利の可能性は極めて高い。
マルミゴウカイ(2着):障害を越え先頭に立ったときは、もしやと思わせた。この馬の持ち味を最大に生かして大善戦と言えよう。最後はコウシュハウンカイに差されたがこれは相手が強かった。軽馬場であったとはいえ力のあるところを見せた。まだ5歳馬なのでさらなる上積みに期待。荷物は重くなるがグランプリでも当然期待される。
フジダイビクトリー(3着):この馬は以前から雨降り馬場は得意にしていたところ、今回も最後までしっかり走りきって3着粘り込み。10歳馬でもまだまだ元気なところを見せた。今後荷物が重くなればさらに本領発揮できそう。優勝経験もあるグランプリでは侮れない存在になりそう。
センゴクエース(4着):軽馬場でチャンス到来かと思われたが、速すぎるペースに戸惑った上に、障害で止まってしまうなどミスが目立った。最後の追い込みは鋭く3着まであとわずかまで迫っただけにもったいない。グランプリで巻き返したい。
オレノココロ(5着):馬体重が減り気味だった上にさらにマイナス14kg。やはり万全な態勢ではなかったと思われる。障害でも躓きそうな場面があったし、最後の直線もこの馬らしい鋭さがみられなかった。それでもグランプリまでには立て直してくるだろう。
  その他では、キサラキク(6着)が序盤果敢に前に行きレースを引っ張った。障害がもう一歩上がっていればさらに見せ場はあったかもしれないが、この馬としてはきっかけがつかめたのではないか。カンシャノココロ(7着)はマイペースに徹していた。経験は積めたようだ。ソウクンボーイ(9着)は今回は序盤から流れに乗れず障害でも苦しんだ。

はむ!の予想(馬券)結果
  (通常分)今回 -4,400   (配当)0 (投入)4,400
  (単複・ワイド)今回 -1,160    (配当)440 (投入)1,600
  今年度累計 -12,040 (7/15現在)
    通常  -9,410 (配当 7,590 - 投入 17,000)
   単・ワ  -2,630 (配当 4,070 - 投入 6,700)
  狙ったセンゴクエースが届かず4着、これが全て。3連単中心で狙っている以上、中心馬が来ないのなら仕方ない。ただ1着2着が○▲でわずかなワイドしか取れないというのも情けない。やっぱりなんとかできなかったのかという気持ちだ。もう早くもマイナスが1万円超え。こんなマイナスの報告ばかりでは読者が逃げる一方だろう。なんとかスカッと当てたいのだが。

今回の結果を含む今年度の成績は次のリンク先のとおりです。
   ・はむ!のばんえい競馬ファイル(2018データ・馬券成績表)

  次回重賞は2週間後の7月29日、ばんえい3歳クラシック第1弾・ばんえい大賞典です。予想はいつもどおり前日までには書きたいと思います。

2018年7月14日土曜日

【はむ!のばんえい競馬watch2018】重賞予想・第26回北斗賞(7/15)

異常気象
  西日本では先週大雨による甚大な災害が発生。今更ながらですが被害にあわれた方々にはお見舞い申し上げます。もともと災害の多い日本ですが、近頃はその度合いが多く、そして激しくなっているように思います。温暖化の影響もあるのでしょうか。心配な状況です。
  異常気象といえば、ばんえいが行われる北海道も本来梅雨がないはずなのに、まるで梅雨のような天候のすぐれない日々が続いているようです。そんな中ですがもちろん競馬は開催されております。予報では帯広は日曜日は雨予報。そうなると波乱も予想されます。災害に遭われた方のことを考えると、なかなかそういう気分にもなれない状況かもしれませんが、競馬を楽しめる人は楽しんでいけること、つまり普段どおりに過ごすことも大事なことではないでしょうか。

はむ!の今週のばんえい重賞予想
【出馬表及びはむ!の予想印】
第26回北斗賞(BG3)
(2018年7月15日(日)20:10発走 帯広10R ダ200m 3歳以上オープン別定)
はむ
予想

  馬     名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 備 考
  フジダイビクトリー 牡10 790 西将太 中島敏 栗毛 逃
  キサラキク 牝7 770 阿部武 金田勇 芦毛 差
  カンシャノココロ 牡7 790 赤塚健 坂本東 鹿毛 先
ソウクンボーイ 牡8 790 村上章 西邑春 鹿毛 追
マルミゴウカイ 牡5 790 藤野俊 槻舘重 鹿毛 追
  トレジャーハンター 牡11 790 西謙一 金田勇 鹿毛 逃
オレノココロ 牡8 800 鈴木恵 槻舘重 青毛 差
コウシュハウンカイ 牡8 800 藤本匠 松井浩 栗毛 先
センゴクエース 牡6 790 工藤篤 槻舘重 鹿毛 先
  10 ホクショウユウキ 牡9 790 松田道 村上慎 鹿毛 差
 ※脚質ははむ!の主観。出走馬等の正確なデータは主催者のものを参照ください。

「北斗賞」の概要と傾向
  古馬の一戦。かつて行われていた「地方競馬全国協会会長賞」を引き継いだ伝統ある重賞で、「北斗賞」としては26回目の開催。1か月前の旭川記念と出走条件が変わらず、負担重量が基礎重量が20kg増加するのみ。出走メンバーもほとんど変わりなく「旭川記念」「北斗賞」は双子関係のレースといえる。しかしながら、旭川記念と北斗賞を連覇した馬は2008年のナリタボブサップ以来9年間出ていない。不思議なデータとして、過去10年旭川記念2着、4着の馬がそれぞれ4度優勝している。昨年は3着の馬が優勝。 過去10年1番人気は(5,1,1,3)だがここ6年では1勝にとどまる。1か月後にばんえいグランプリ(BG1)という大一番があることもあり、この時期に開かれる北斗賞は、そのトライアルととらえるのか、あくまでこのレースを狙ってくるのか。陣営により調教の度合いも変わってくるだろう。牝馬の優勝は過去25回で2度のみ。帯広開催になってからは未勝利。なお、北斗賞は、今年のばんえい記念でレース中の事故で帰らぬ馬となったニュータカラコマが非常に得意としていたレースで過去3回優勝している。

今回のみどころ
  今年度に入っての古馬重賞戦線は、オッズパーク杯がコウシュハウンカイ、旭川記念がオレノココロと、8歳馬の両雄2頭が優勝を分け合っている。現時点において2強の状況。但し、重量加増もある中、夏のグランプリを控え、このレースにはどのように臨んでくるのか。これに続くセンゴクエースあたりは2頭にどこまで迫っていけるか。天候不安定な季節に入り、日曜日も雨予報。どこで降り出すのか。馬場状態も考慮に入れつつ、そしてどのような展開になるのかが注目。

各馬寸評:(はむ!の個人的見解です。)
 1 フジダイビクトリー:10歳になり同世代のライバルもいなくなり、この馬も衰えが指摘される場面があったが、前走の特別戦あたりは全くそれを感じさせない快走。先行力と粘りは健在。軽馬場も対応可能。
 2 キサラキク:力のある牝馬で本来なら重賞オープンでも十分戦えるはずだが、近走は特に障害が厳しい。道中も追走一杯。これが軽馬場なら前走のように一変できるのだが。とにかくきっかけをつかみたい。
 3 カンシャノココロ:旭川記念に引き続き繰り上げ出走。前回は持ち前の先行力で前を目指したが、オープンの力上位の馬たちに付いていくのがやっと。障害はしっかりしているので重賞レースに慣れれば好走も。
 4 ソウクンボーイ:重賞も常連になってきた。旭川記念では自分のペースを守って、直線で切れ味を見せ掲示板内に食い込んだ。今回は繰り上げ出走の身ではあるが、前走も快勝するなど調子は上がってきている。
 5 マルミゴウカイ:槻舘厩舎3頭の若頭。今シーズンから古馬戦線に参戦、オッズパーク杯では見せ場を作って3着に粘り込んだ。前半でスムーズに行ければ、障害や最後の脚は確かなものがあり、見せ場も。
 6 トレジャーハンター:長く重賞戦線から離れていたが11歳になって舞い戻ってきた。北斗賞は5年ぶりの出走。先行力と粘り腰は健在だが、最上位クラスだとさすがに追走で一杯。軽馬場になれば大逃げも。
 7 オレノココロ:トップの座に君臨するこの馬がここにきて絶好調。速いペースでも旭川記念あたりでは積極的に前に行くなどレース運びに幅が出てきた。障害も課題ではない。次の大一番に向け調整度合いがカギ。
 8 コウシュハウンカイ:実力があり安定度抜群、今シーズンはオッズパーク杯の快勝などさらに充実。旭川記念ではライバル・オレノココロにハンデの分だけ差されたが、今回は同斤量で引き離しにかかる。
 9 センゴクエース:充実の6歳。古馬2強がいるので目立たないがここ16戦連続で3着以内と成績は極めて安定。障害は得意ではないが崩れることはない。障害越えでなんとか上位2頭より前でさばければ。
 10 ホクショウユウキ:4歳時三冠馬ながらその後長く低迷、昨シーズン後半ごろから調子を取り戻してきていた。ばんえい記念後は体調を崩したようだが、どこまで戻せているか。好位抜け出しがこの馬の型。

【はむ!の見解まとめ】
  上述のように、1か月後に夏の大一番、ばんえいグランプリを控えていることもあり、それに向けた各馬の調整度合いが、展開を読む上でのポイントと考えられる。しかしばんえいトップの実力馬たち、多少の不利は問題ではない。むしろこのレースの負担重量や馬場状態などが適している馬が好走の条件だろう。その中で今回こそは◎(9)センゴクエースの走りに期待したい。もちろん現在の実績は2強(オレノココロ、コウシュハウンカイ)が抜けているが、この2頭はいずれもこのレースを勝っていない。あくまでグランプリを本番と見据えたるなら、この時期は目一杯の仕上げではないとも考えられる。馬場状態もポイント。ハンデもポイント。そんな中、2強に迫れるとすればやはりセンゴクが筆頭だろう。障害も安定してきており切れ味もある。あとは展開次第、障害を降りた時点で2頭より前に行けていれば勝機は十分。最近は馬券圏内を外しておらず軸としても信頼できそう。そしてやはり2強は外せない。そのうち○(8)コウシュハウンカイは安心感がある。特に今シーズンは充実しており、そのまま逃げ切る可能性も。対抗でも十分過ぎる。高配狙いならオッズパーク杯3着の▲(5)マルミゴウカイを再度注目したい。だいぶクラス慣れしてきている上、出るレースを絞り込んで狙いを定めている。今後のことも考えると、斤量的にもこのあたりで一発のチャンス。他馬がもたつけば浮上も。単穴に。そして△(7)オレノココロ。少し間隔が空いたこともあり、雨で軽馬場となり時計が速くなることを考慮すれば、相対的な評価で入着までとしたが、決して勝つ可能性が低くなったわけではない。どこからでも下ろして最後までしっかり走りきれるだけの脚を持っている。
  適度な湿り気なら繰り上がってきた注(4)ソウクンボーイがおもしろそうだ。上がりの脚はメンバー中最上位クラス。序盤で上手く前につければ。さらには(1)フジダイビクトリーもまだまだやれそう。雨降りは意外に好成績。ただ端枠はどうか。牝馬(2)キサラキクは障害さえ越えられれば戦えるのだが、その障害で苦戦中。ただ軽馬場になれば一変も。
はむ!の馬券狙いどころ:
  また早くもマイナス街道中。傷口が広がらないうちにスパッと取りたいのだが。
  今回はやはり馬場状態がポイント。一応晴雨兼用の予想をしたが。センゴクあたりはここで勝たなければどこで勝つ?というところでセンゴクを中心に少し広く構える。

【はむ!の買い目】(=は裏表、→は一方のみ)
  三連単 軸1頭マルチ 9=8,5,7 合計18通り 各100円
      9→8,5,7→8,5,7,4,1 合計12通り 各100円
      8→9,5→9,5,7,4 合計6通り 各100円
  馬複  9=8,5,7,4 合計4通り 各200円
 合計 4,400円
(はむ!の単・複・ワイドで勝負!)
  単勝 9 500円
  応援馬券(単+複)2 各200円
  ワイド 4=9,8,5,7 5=9,8,7 合計7点 各100円
  合計 1,600円で勝負! 

  今回の結果と回顧は、レース終了後数日以内に報告したいと思います。

2018年7月3日火曜日

【はむ!のばんえい競馬watch2018】回顧・第12回柏林賞(7/1)

ばんえい重賞レース回顧
第12回柏林賞(BG3)-2018年7月1日-10R 200m直 曇 2.3%
  1着注(8)ジェイワン(鈴木恵) 1分36秒0
  2着 (6)ゴールデンフウジン
  3着 (5)シンエイボブ
   単勝 8 490円(4番人気) 馬複 6-8 790円 三連単 8-6-5 58,890円
 ※その他の払戻金を含み、結果は必ず主催者又は地方競馬情報サイト(KEIBA.GO.JP)を参照ください。
  (○▲△等の印は、はむ!の当初予想印)

  ばんえい4歳馬三冠レースの第1弾、第12回柏林賞は、4番人気のジェイワンが障害後方から追い込んで混戦の先行馬勢をまとめて差し切って重賞初制覇。鈴木恵介騎手は旭川記念に続く重賞勝ちで通算69勝目。

レース振り返り
  本州で梅雨が本格化したころ北海道といえどもこの時期は雨が多く、当日も朝から雨模様。軽馬場でかなり速い時計が出ていた。
  レースは序盤からかなり速いペース。第1障害ではほぼ横一戦だったが、先行馬のメジロゴーリキが押し出されるように前に、ゴールデンフウジン、ジェイワンあたりも意識的に前に行き、これにナカゼンガキタやミノルシャープあたりもついて行く。刻みを入れる馬もいたが、ゴールデンフウジンら先行勢はそのまま止めずに進む。そして第2障害手前にはゴールデンフウジンが先に到達、メジロゴーリキらが一歩遅れて到着。ここまで40秒の速いペース。障害もゴールデンフウジンが先に仕掛けるが坂の7分どころでストップ。これを見てナカゼンガキタ、メジロゴーリキ、ミノルシャープが仕掛け、少し遅れてカネサスペシャル、シンエイボブも仕掛ける。この中ではメジロゴーリキが最も先に障害を越え、ナカゼンガキタ、シンエイボブが続く、さらに続いて越えてきたカネサスペシャルの勢いが良く、障害を降りてから先頭へ。外からミノルシャープも続き切れ味良く前を追う。その後方は、ゴールデンフウジンがこれらの馬に遅れ、そしてジェイワンはさらにこれらを見るように進み、6,7番手あたりで障害を越えた。
  残り30mあたりではメジロゴーリキ、ナカゼンガキタは勢いがなく後退、先頭を行くカネサスペシャルをミノルシャープが追いこの2頭が先頭争い。しかしこの2頭も徐々にスピードが緩む。そこをシンエイボブが吹き返し、後方からジェイワン、ゴールデンフウジンがものすごい脚で追ってくる。残り20mあたりでは6~7頭がほぼ横一戦に並ぶ大接戦。その中からジェイワンの脚色が良く頭一つ抜け出す、ゴールデンフウジンも追うが、最後はジェイワンが半馬身の差で振り切り優勝。1番人気となっていたゴールデンフウジンが2着に入り、さらに半馬身ほどの差でシンエイボブとカネサスペシャルが競り合って最後はシンエイボブがわずかの差で3着に入った。当欄で本命にしていたマツカゼウンカイは前半で遅れ、後半追いついたものの5着まで。2番人気だったウンカイタイショウも速いペースについて行けず見せ場なく9着に終わった。

次走へのメモ
ジェイワン(1着):華麗な復活劇。長いスランプから脱し調子が戻りつつあったところに、今回の軽馬場、軽ハンデ、そして鈴木恵介騎手を迎えて、勝てるチャンスが巡ってきていた。先行馬についていって、障害は溜めにためた上で最後で差し切るという勝ち方はやはり第一人者・鈴木騎手の見事な手綱さばきによるところが大きく感じる。馬としても勝ち味を覚えて、先々が楽しみだ。次の大きな目標は秋の銀河賞だが、その前に3,4歳重賞はまなす賞があり、ハンデもにらみながら力を入れるレースを選択していくことになるだろう。
ゴールデンフウジン(2着):こちらも2歳時のナナカマド賞勝ち以来久々の重賞好走。1番人気に押し出されただけに、障害のカカリの部分で引っかかったのがやや惜しまれるが、直線のスピードはこの馬の非凡さを見せた感じだ。今後も特に軽いところでは相当やりそうだ。軽量レースも視野に選択肢が広がる。
シンエイボブ(3着):繰り上げ出走であったが、全く臆することはなかった。軽馬場を十分に生かし、前半から障害へとうまくまとめて、最後の追い比べまで脚を残し、9番人気ながら3着に食い込んだ。障害さえクリアできれば勝ち負けになる。人気薄なら特に怖い存在になりそう。
カネサスペシャル(4着):切れ味で勝負するこの馬が、障害越えですぐ先頭に立った時点で勝ちが見えた一瞬もあった。その後もこの馬なりの走りはできていたが、上位入線した馬の馬場適性が勝ったっというところか。重量・馬場ともに重い方がこの馬の持ち味を出せそう。
マツカゼウンカイ(5着):結果としてやはり軽馬場と大外枠に泣かされた。それでも後方から5着まで押し上げた粘りは立派で、序盤にもう少し前について行けていれば、見せ場があったかもしれないが、このレースで見限る状況ではない。巻き返しは可能。
  その他では、メジロゴーリキ(6着)はやはり馬場適性の差か、意識的に先行したが後続を離しきれなかった。ミノルシャープ(7着)は軽馬場で期待され、一瞬の切れ味も見せたが、どうも競られると弱い面が見られる。ウンカイタイショウ(9着) は連勝の勢いで2番人気となっていたが、前半から全く見せ場をつくれずジリ貧となった。端枠も影響したか。

はむ!の予想(馬券)結果
  (通常分)今回 -4,400   (配当)0 (投入)4,400
  (単複・ワイド)今回 -1,090    (配当)410 (投入)1,500
  今年度累計 -6,480 (7/1現在)
    通常  -5,010 (配当 7,590 - 投入 12,600)
   単・ワ  -1,470 (配当 3,630 - 投入 5,100)
  ワイドの一本だけ入りボウズは逃れたものの大敗。軽馬場となってやばいと思いつつもここで先に買い目を公表している以上変えるわけにもいかず(変えても当たらないが)、そこは天気が読めなかったのが反省点。
  早くもマイナスが膨らみ落ち込み気味ではあるが、なんとか盛り返していきたい。

今回の結果を含む今年度の成績は次のリンク先のとおりです。
   ・はむ!のばんえい競馬ファイル(2018データ・馬券成績表)

  次回重賞は2週間後の7月15日、古馬の重賞・北斗賞です。予想はいつもどおり前日までには書きたいと思います。

2018年6月30日土曜日

【はむ!のばんえい競馬watch2018】重賞予想・第12回柏林賞(7/1)

ドラマチック
  サッカーW杯が盛り上がってきていて、寝不足になりそうです。日本代表は強豪を相手に大健闘、そして最後は「フェアプレーポイント」の差で決勝リーグ進出と、劇的な展開。勝負は正に表裏一体で、その中でも戦略が当たって、運をつかみ取ったチームが勝利をものにしており、改めて奥の深さとドラマを感じます。
  一方、競馬もスポーツの一つとしていろんなドラマがあり、一つの要素だけでは勝敗は決まりません。実力だけでなく展開、そして運と、さまざまな要素が絡み合って勝敗が決まります。一つとして同じ結果はありません。そしてそれを予想をして、馬券で参加できるいうのが競馬の楽しみだと思います。もちろんばんえいも然りです。

はむ!の今週のばんえい重賞予想
【出馬表及びはむ!の予想印】
第12回柏林賞(BG3)
(2018年7月1日(日)20:10発走 帯広10R ダ200m 4歳オープン別定)
はむ
予想

  馬     名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 備 考
  ウンカイタイショウ 牡4 700 渡来心 久田守 青毛 逃
メジロゴーリキ 牡4 710 長澤幸 岡田定 鹿毛 逃
  ナカゼンガキタ 牝4 680 西将太 西康幸 鹿毛 先
カネサスペシャル 牡4 700 島津新 村上慎 青毛 差
  シンエイボブ 牝4 670 菊池一 久田守 鹿毛 追
  ゴールデンフウジン 牡4 690 藤野俊 今井茂 青毛 差
ホクショウムゲン 牡4 710 船山蔵 服部義 鹿毛 追
ジェイワン 牡4 690 鈴木恵 槻舘重 鹿毛 差
▲  ミノルシャープ 牡4 710 阿部武 大友人 鹿毛 差
10 マツカゼウンカイ 牡4 700 藤本匠 松井浩 鹿毛 先
 ※脚質ははむ!の主観。出走馬等の正確なデータは主催者のものを参照ください。

「柏林賞」の概要と傾向
  ばんえいの場合は馬のピーク年齢が平地に比べ高く、4歳ではまだ若馬の部類。そのために独自に4歳馬の重賞が設けられている。最近はその体系が整えられ、3歳に続き三冠レース設けられている。ダービーを始めとする3歳戦線の再戦となるわけだが、晩成型の馬ならこのあたりから頭角を現してくる馬もいる。柏林賞はその4歳世代3冠の第一弾となる。過去10年の傾向だが、1番人気は(3,1,0,6)。時期的なものもあってか、3年前までは1番人気あるいはダービー馬が勝てない傾向にあり、荒れる傾向が大きかったが、ここ2年はセンゴクエース、マルミゴウカイと飛び抜けた力の馬がトップハンデをもろともせず連勝している。その年の出走馬の力関係によるところが大きいといえる。2013年のホクショウユウキのようにこのレースから出世した馬もおり、同世代の中での充実度の高さがカギとなるだろう。なお、牝馬の優勝は一度もなく、2着が3回。勢いで食い込む馬はいるが基本的には不利な状況。

今回のみどころ
  今年の4歳世代は大混戦。これまでも同世代戦のレースごとに勝ち馬が違っている。ダービー馬メジロゴーリキ、イレネー記念馬ホクショウムゲンあたりが実績上位だが、今年度に入ってからのトライアル(すずらん賞、ライラック賞)では新勢力のマツカゼウンカイ、ウンカイタイショウがそれぞれ勝っており、侮れない。クラスごとの別定重量でその微妙なハンデ差も展開を左右しそう。


各馬寸評:(はむ!の個人的見解です。)
 1 ウンカイタイショウ:重賞の常連ながら結果は出ていなかったが、ここにきて、トライアルのライラック賞で先手を取って粘り勝ち。その後の特別戦でも逃げ切り勝ちと勢いがある。前に行ければ粘り強い。
 2 メジロゴーリキ:言わずと知れたダービー馬。1200kgに届こうかという大きな馬体も大物を感じる。抜群の先行力が持ち味、切れ味に欠けるがじっくり走れる重賞なら。ハナを奪いに行きたいところ。
 3 ナカゼンガキタ:昨年のばんえいオークス馬。牝馬で馬体重もあまり増えず非力に見えるが、先行力と粘りは相当なもので型にはまれば怖い。どこからでも抜け出してくる。牝馬にしては障害力もあり堅実。
 4 カネサスペシャル:昨年のばんえい大賞典馬。トライアルのすずらん賞、ライラック賞といずれも2着と健闘。前半じっくり溜めて後半じわじわ差してくる。障害も問題ない。他馬が苦しめばチャンスが来る。
 5 シンエイボブ:牝馬らしく切れ味勝負の馬、重賞はオークス2着が最高でそれほど目立たないが、常に見せ場は作っている。障害は可もなく不可もなくといったところ。最後のところでスタミナ切れが心配。
 6 ゴールデンフウジン:2歳時ナナカマド賞馬。前走自己条件のB1クラスを勝って最後の切符をつかんだ。重賞はイレネー記念(6着)以来1年半ぶり。直線の切れ味で勝負の馬だが同型のライバルも揃う。
 7 ホクショウムゲン:2歳時はトップに君臨しイレネー記念なども勝ったがその後は障害に大きく苦しんだ。障害を越えさえすれば鋭い脚を持つのだが。、前走古馬トップに善戦するなど復活の兆しはある。
 8 ジェイワン:重賞でも常に上位争いをしてきた馬だが一歩足りなかった。昨年は障害でも手間取る場面が見られたが、ここにきて自己条件を連勝するなど調子は上向き。切れ味を生かして食い込めるか。
 9 ミノルシャープ:昨年のはまなす賞勝ち馬。勝ちっぷりが良く常に上位人気となるが結果はもう一歩。障害を降りてから鋭い切れ味を見せるのだが、最後の詰めで差し返される場面が多い。馬体成長に注目。
 10 マツカゼウンカイ:地味な存在ながらダービー2着の実力馬。その後もほとんど崩れはなく、トライアルなどでも確実に上位に食い込んできている。自在の立ち回りが持ち味で障害も上手。積極的に行きたい。

【はむ!の見解まとめ】
  もともとこの世代は重賞ごとに勝ち馬が変わる実力伯仲の状況。2歳時はホクショウムゲンが2冠、3歳時のダービーはメジロゴーリキが勝つなど代表的な馬は一応いるが、一昨年の、昨年のような絶対的な存在ではない。先にも述べたように新興勢力の台頭もあり、正にどの馬が勝っても全くおかしくない。超難解なレースとなっている。つまり当たればそれなりの配当が望めるのでしっかり狙いを定めていきたい。しかし天気にも大きく左右されそうで、当日の馬場状態を読む必要がありそう。
  当欄ではその中で、ダービー2着の◎(10)マツカゼウンカイの安定力を取りたい。同世代戦のみならず古馬との戦いでも自分のペースをしっかりつかんでいる、障害も上手い。現役最多勝の藤本Jの手綱もさえる。余程の軽馬場にでもなって早いペースに巻き込まれない限りは、勝ちきれなかったとしても連軸としては有力だろう。相手選びも難解。切れ味の素晴らしい馬が揃う。その中ではばんえい大賞典馬で前哨戦連続2着に入ってきた○(4)カネサスペシャルが追い比べになればしぶとい。他馬の様子を見ながら仕掛けていつの間にか前に付けているというレース展開が目に浮かぶ。とりあえず対抗に。そしてスピードに勝る▲(9)ミノルシャープもやはり注目しておきたい。スタミナ面で課題があり危険な面もあるが、流れに乗ればそのまま行ってしまうことも。△(2)メジロゴーリキのダービー馬の実力も侮ってはいけない。先行力を生かして他馬のペースを乱すような展開になれば地力を発揮する。穴として狙ってみたいのが注(8)ジェイワン。元々上位の馬で特に大レースに強い。一時期スランプもあったがここにきて立て直してきている。テン乗りで鈴木恵介騎手が乗るのも勝負に来たか。
  その他では3連勝中と勢いのある(1)ウンカイタイショウが渡来騎手の初重賞制覇なるかでも注目されそう、確かに勢いはあるが、重賞ともなると荷物などのの課題があるとみて当欄では手が回らなかった。それなら上り調子の(6)ゴールデンフウジン、課題の障害を越えた時の(7)ホクショウムゲンの方が怖い。(3)ナカゼンガキタ(5)シンエイボブの牝馬勢はデータ的には厳しいとみている。

はむ!の馬券狙いどころ:
  マイナス街道はまだ入口付近。そして今回のような難解なレース。スカッと取っていければ、当分楽しめるのだが。
  今回は、どの馬が一番人気になるのかすら予想がつかないほど難解。マツカゼウンカイを軸において、手広く。ワイドも広めに買って拾えたら。

【はむ!の買い目】(=は裏表、→は一方のみ)
  三連単    10=4,9,2,8=4,9,2,8(マルチ) 合計36通り 各100円
   10=4,9,2,8→7,6 合計8通り 各100円  合計 4,400円
(はむ!の単・複・ワイドで勝負!)
  単勝 10 500円
  ワイド 9=10,4,2,8 8=10,4,2 6=9,8,10 合計10点 各100円
  合計 1,500円で勝負! 

  今回の結果と回顧は、レース終了後数日以内に報告したいと思います。